ルイ・ヴィトンは、世界的な知名度を誇るフランスの高級ブランド。1854年パリのカプシーヌ通りに創設者のルイ・ヴィトンが世界最初の旅行鞄店を設立したことが始まりで、バッグだけでは無く、トラベルグッツ、財布、衣類、時計やジュエリーなど幅広い商品分野を展開しています。

ルイ・ヴィトンの高価買取なら銀蔵へ。高価買取の理由・買取の流れはこちらをご参照ください。

写真があればご自宅で査定ができます。

ルイ・ヴィトンで「銀蔵」が選ばれる理由

  • 経験豊富な査定士による満足がいく査定

    銀蔵には査定経験が豊富な査定士が多く在籍しています。査定士は日々、ブランド品の流行の移り変わりなどをチェックし、また為替やブランド市場相場などの研究から、確かな目利きを行っております。店舗査定はもちろんのこと、LINE査定や写メール査定などお写真上からの査定でも今現在の買取価格をしっかりとご提示させて頂いております。

  • 買取した商品をすぐに販売するスピード

    全国一の買取激戦区とされる新宿を中心に店舗を展開。買い取ったブランド品をすぐに店頭で販売できます。本社も新宿に構えているため、余計な輸送費や倉庫代などが不要のため、コストを浮かせた分だけ買取額に反映させることができます。

  • 自社の時計工房を併設!

    銀蔵では、時計のメンテナンスを行う自社工房を持っています。その為、ブティック修理を通さずに済み、メンテナンスにかかる費用の大幅な削減を実現。この自社工房があるからこそ、憧れの高級ブランドの時計を高価格買取・低価格販売が可能になります。

査定UPのポイント

ちょっとしたことを大切にすることで、査定額がUP!!

  • ヌメ革の状態

    ヴィトンの主にモノグラムラインやダミエアズールラインで多く使われているヌメ革。元々は白色に近い色合いですが、使っていくにつれ、日焼けや経年劣化などによりきつね色に変色していきます。このヌメ革は変色しやすい分、その変色の色合いが査定額に関わってきます。一部分のみが黒ずんだヌメ革よりも全体が綺麗にきつね色に変色したヌメ革の方が査定額はアップします。また、ヌメ革は水分にも弱く、雨などで濡れたままで放置するとシミが出来てしまいます。シミを防ぐためにも、うっかり濡れてしまった時は早急に乾いた布で拭くなどのケアをお勧めします。もちろん、シミが無い場合は査定額アップのチャンスです!どのような状態でも精一杯の金額をご提示させて頂きますので、手放されるその時まで大切に扱ってあげて下さいね。

  • 表面、角の状態

    ィトンのバッグや財布などに使われる素材は非常に丈夫に出来ていますが、使われていくと共に傷や角スレといったものが出てきてしまいます。角が擦れて毛羽立ってしまっていたり、色が薄くなってきてしまったりと角の状態は査定の上で最も見る点のひとつと言えます。そのような状態にお勧めなのが革用のお手入れクリームをササッと塗ること!これだけで?と思われるかもしれませんが、実はこれだけでも結構変わります。また、表面上の傷にもお手入れクリームは効果があります。時計やジュエリーのようにお磨きが出来ない革の商品だからこそ、このようなちょっとしたお手入れが査定額を上げるポイントであったりします。

  • 内側の状態

    バッグや財布は表面だけでなく、内側も査定ではしっかり見させて頂く点になります。ずっと使っていると気づいたらほこりが溜まってしまったり、汚れがついてしまったりしてしまいますよね。査定では現物の状態での評価になるので、その状態で査定に出してしまうと査定額が下がってしまう要因になってしまいます。ほこりはガムテープやエアダスターでしっかりと取ったり、エアダスターが無い場合は商品を逆さまにして軽くポンポンと叩くだけでもほこりが取れたりします。また汚れは内側が布やベアロ製であれば湿った布で優しく拭いて下さい。もし、内側が革で出来ている商品の場合、水気はNG。湿度が高い日本では革同士がくっついてしまう「ベタ」というものが発生していまいます。ベタが発生しないためにも内側が革で出来ている商品は除湿効果のある新聞紙やシリカゲルを入れて保管しておくことをお勧めします。それだけで査定額が大きく変わってきますよ。

ブランドヒストリー

ルイヴィトン(Louis Vuitton)は、フランスの世界的な知名度を誇る人気の高級ブランドである。トラベルグッツ、財布、衣類、時計やジュエリーなど幅広い商品分野を展開している。歴史は非常に古く、1854年フランス・パリのカプシーヌ通り4番地に創設者のルイ・ヴィトンが世界最初の旅行鞄店を設立したことが始まりである。本革よりも軽く、また防水加工の施したグレーのキャンバス地であるグリ・トリアノン・キャンバスが誕生したのもその頃のことである。その後、1859年に生産拡大の為、現在の本拠地でもある、パリ郊外のアニエール市に工場を構える。

ヴィトンの中でも特に有名である、市松模様を模した「ダミエ・キャンバス」は元々創設者であるルイ・ヴィトンが数多く出回る模造品に煮を切らし、考案されたラインであったが、柄が単純であったため、またすぐに模造品が出回る事になった。その後ダミエの模造品の流通が増えたことにより、2代目ジョルジュ・ヴィトンが新たにトレードマークとなる布地を発表した。それが「モノグラム・キャンバス」である。モノグラムはルイ・ヴィトンのイニシャルと花、星を組み合わせた複雑な紋様であり、当時は職人がひとつひとつ手描きで描いていた。

モノグラム・キャンバスで作られた初めてのバッグ「スティーマー・バッグ」は旅行中に洗濯物を入れておくバッグとして考案された。二重、三重で閉める事が出来る構造から、アンヴィオラブル(不可侵)という別名がついた。その後もヴィトンは「ドライバー・バッグ」や「飛行機用トランク」などを発表し、ブランドとしての地位を確立していった。

1925年には、CHANELの創設者であるマドモアゼル・ココの依頼より「アルマ」を制作。このバッグは今日に至るまで続くヴィトンの人気バッグとなった。
他にも旅のスタイルに合わせた旅行鞄の「スピーディ」やシャンパンを入れるために制作したと言われるバッグ「ノエ」を発表し、どれも根強い人気を誇っている。
そんなヴィトンが日本に上陸したのは1978年、東京に3店舖、大阪に2店舗、百貨店の小売店としての展開であった。1981年には東京・銀座並木通りに日本初の直営店がオープンした。

上陸後の日本でのヴィトンの人気はまさにうなぎ昇りと言ったところで、次々と直営店をオープンし、2017年3月末現在では日本国内に56店舗営業している。この店舗数は世界でもトップクラスである。それくらい日本国内におけるヴィトンの人気と知名度は確固たるものである。

人気ラインなど

ヴィトンの中でも特に人気を誇るのはやはり、定番中の定番である「モノグラムライン」、「ダミエライン」、「エピライン」、「モノグラム・ヴェルニライン」であろう。
モノグラムラインは前述にもあるように創設者であるルイ・ヴィトンのイニシャルと花、星を組み合わせた紋様である。星と花の可愛らしい組み合わせは主に女性に人気があり、小物から大きな旅行鞄に至るまで幅広く商品が製作されている。持ち手が黒革のダミエラインとは違い、持ち手などに白色ヌメ革を用いることにより、可愛らしさや上品さが増し、また使い込んでいくごとにヌメ革が茶色に焼けることで味わいが出て、更に魅力が増すラインとなっている。

ヴィトン最古のラインであるダミエラインは、そのシンプルな様から、男女問わず使えるデザインとなっている。一時は廃盤となったダミエラインだが、1996年にモノグラム生誕100周年をきっかけに復活、そのシンプルながらも気品漂うおもむきが、多くの人の心をとらえ、当初限定販売の予定が人気のあまりその後定番化された。茶色の濃淡が特徴のダミエライン以外にも、同じ紋様ではあるが様々な色で展開がされている。2007年に白色ベースのダミエ・アズール、2008年には黒色ベースのダミエ・グラフィットが発表され、様々な製品となって登場し、いづれのラインもその安定した人気から定番化している。
エピラインは1985年に登場したラインである。ヴィトンが1920年代に使用していたグレイン(型押し)のパターンをヒントに開発されている。耐水性と耐久性に誇り、モノグラムやダミエといったラインとは違い様々な色展開があるのもエピラインの特徴のひとつである。一般的なエピ以外にもソフトエピという柔らかいエピやエレクトリックエピというエナメルで出来たエピがあるところもエピラインのすごさであろう。

モノグラム・ヴェルニラインは1998年にマーク・ジェイコブスによって誕生したラインである。真珠のような輝きのエンボス加工のカーフ素材にモノグラム柄が刻まれたスタイリッシュかつゴージャスなラインになっている。カラーバリエーションも豊富で、毎年新色が発表される人気のラインである。